ライブ見ています!!
インターネットライブ配信ができたのは

ひょうごe-スクール構想の推進 / 会場のPC環境  
ジェイアーンICT研究会 ボランティアの取り組み


 「ライブ 見ています!」「映像が綺麗で臨場感があります!」など、多数の感想をいただきました。無事ライブ配信できたのは、本番成功にむけて、何重にも通信環境が準備されていたからです。夢舞台会場は、その設備、環境に各国の教育者の方々はただただ「感嘆!」のひとこと。「ひょうご」が国際教育学習の世界で、未来への扉を開けた瞬間でした。

iEARN会場と兵庫県教育情報ネットワークの接続概念図
PDFファイル(拡大図)

 

     

兵庫県教育情報ネットワーク
2003年2月3日開通

兵庫県立洲本実業高等学校東浦分校


2003iEARN夢舞台国際会議
2003年7月21日〜25日

夢舞台国際会議場


             

                         東浦町役場          ‥‥‥‥‥‥‥     翼港の公園内の中継車の位置  

ライブ配信できたのは

2003年2月3日兵庫県教育情報ネットワークが開通する。
このネットワークをつかって、県立東浦分校のコンピュータ室が基点となり、ドリルで壁に穴をあけ、100M光ケーブル約150mでCANONBEAMに接続。これに光無線約1.8KM で翼港の公園内の中継車に飛ばし、さらに、道路のむこうの夢舞台会場へ光無線約500mをつなぐ。
このアイデアで、iEARN会場と教育情報ネットワークがつながり、ライブ配信が可能となった。
翼港の公園内の中継車に乗り込んだ技術者Oさんによると、23日午前8時過ぎ、、霧が発生したが、ライブ中継には影響はなかったと報告している。雨、霧など気象条件に左右されず、配信可能であることも実証できました。

ライブ配信が、臨場感のある高品質な映像だったのは、ハイスペックなPC、live配信用のキャプチャーカードが装備されていたからです。

*詳細はこちら慧通信技術工業のサイトをご覧ください。

       NEXT 

This is best viewd in IE5.5Netscape 6 or above. Supported by Cyberland. Copyright(C) 2002-2003JEARN.All right reserved.